マイコンBASICマガジン 1985年1月号~12月号 特選パソコン・ソフト(MSX)

ベーマガ1985年分のMSX(1)のプログラムの打ち込みが完了したのでまとめました。

すべてのプログラムをひとつのブログ記事にするととても長くなってしまうので、月ごとに分けてブログの以下の場所で紹介しています。
マイコンBASICマガジン 1985年1月号 特選パソコン・ソフト(MSX)
マイコンBASICマガジン 1985年2月号 特選パソコン・ソフト(MSX)
マイコンBASICマガジン 1985年3月号 特選パソコン・ソフト(MSX)
マイコンBASICマガジン 1985年4月号 特選パソコン・ソフト(MSX)
マイコンBASICマガジン 1985年5月号 特選パソコン・ソフト(MSX)
マイコンBASICマガジン 1985年6月号 特選パソコン・ソフト(MSX)
マイコンBASICマガジン 1985年7月号 特選パソコン・ソフト(MSX)
マイコンBASICマガジン 1985年8月号 特選パソコン・ソフト(MSX)
マイコンBASICマガジン 1985年9月号 特選パソコン・ソフト(MSX)
マイコンBASICマガジン 1985年10月号 特選パソコン・ソフト(MSX)
マイコンBASICマガジン 1985年11月号 特選パソコン・ソフト(MSX)
マイコンBASICマガジン 1985年12月号 特選パソコン・ソフト(MSX)


当時からあるものはやぶれていたり裏表紙が取れたものをテープで補修してあったりしてボロボロ。

その当時はまだ小学生。プログラムの打ち込みはもちろん、友だちに貸したりゲーセンに持ち込んで攻略の参考にしたりしてたので、ボロくなるのも無理はないですw

掲載されているリストは1行60字や80字で掲載されていたので、15字や20字ごとに鉛筆で線を引き、「WIDTH ○○」で横幅を合わせて間違いが少なくなるようにして打ち込んでいました。

当時実際に打ち込んでいた証で思い出深いものはありますが、スキャナーで読むにはじゃまになるので消しゴムで消すことにします・・・

スキャナーで読み込んだ後はテキストファイル上でおおまかに修正し、SDカードに移して1チップMSXで本誌とのチェックを行い、スクリーンショットはMSXPLAYer2005で作成、実機での動作確認はPanasonic FS-A1STで行っております。

A1STを使ってFDに掲載順に収めてました。ファイルの保存日時は掲載誌の発行日に合わせてあります(*'▽')

インデックスも作成してすべて完了!

しかしここまで2年もかかっているのでもう少し早くできるようにしたい(/・ω・)/


MSXのプログラムの打ち込みについては、約30年前に打ち込んだり打ち込み途中だったりしたものをすべて打ち込んで
「雑誌の発行年ごとや書籍ごとにすべてのプログラムを入力して掲載順に整理してフロッピーディスクに保存する」
という当時できなかったことを完遂させるのが当初の目的。
30年前の打ち込みプログラム - Triple Multiple - ぱるぷ日記(仮)
GW終了 - Triple Multiple - ぱるぷ日記(仮)
残すはベーマガ1984年分と「MSXポケットバンク」のうち当時持っていた分のプログラムということになりました。
そのほか当時打ち込んでいたことを思い出した本や、当時打ち込んでいなかったベーマガのうちの1983年分と1986年分も打ち込もうかと考えていますが、最近眼が衰えてプログラムの小さな文字がかなり見えなくなってきているので残された時間との闘いになるかと( ;∀;)