MSXマガジン 1984年1月号~12月号 とじ込みふろく/プログラムエリア

2年前の記事のとおりMSXのプログラムの打ち込みを進めてきましたが、入手困難でもう揃わないと思っていたMSXマガジン1984年分12冊が揃い、プログラムの打ち込み・チェックともに終了したので紹介していきますよ。


【2022/10/11更新】紹介記事を各月号ごとに分けました。
すべてのプログラムをひとつのブログ記事にするととても長くなってしまうので、月ごとに分けてブログの以下の場所で紹介しています。
MSXマガジン 1984年1月号 とじ込みふろく
MSXマガジン 1984年2月号 とじ込みふろく
MSXマガジン 1984年3月号 とじ込みふろく
MSXマガジン 1984年4月号 とじ込みふろく
MSXマガジン 1984年5月号 とじ込みふろく
MSXマガジン 1984年6月号 とじ込みふろく
MSXマガジン 1984年7月号 とじ込みふろく
MSXマガジン 1984年8月号 とじ込みふろく
MSXマガジン 1984年9月号 とじ込みふろく
MSXマガジン 1984年10月号 プログラムエリア
MSXマガジン 1984年11月号 プログラムエリア
MSXマガジン 1984年12月号 プログラムエリア

すべてのプログラムは実機のディスクを使用して実行・保存することを前提としているので、マシン語をディスクのワークエリアに配置してしまうためそのままでは動作しないタイトルについては、その回避方法の解説や修正リストなども掲載してあります。
それ以外でもそのままでは不具合が出るプログラムについては修正方法なども掲載してあります。
画像は「MSXPLAYer2005」で実行したものを使用しています。


私が初めて買ったパソコンの本はMSXマガジン1984年4月号!
(現在手元にあるものはかなり後になって購入し直したものです。)

以降MSXマガジンは1985年12月号まで購入していました。


というわけですべてのプログラムはA1STを使ってフロッピーディスクに掲載順に収めました。

インデックスも作ってすべて完了!